トップ
トータル医療ネットワーク

<トータル医療ネットワーク①>

転退院調整・在宅医療円滑化ネットワーク事業

①将来の在宅患者さんの増加に対して地区医師会が連携して
 広域での受け入れ体制を構築

②
 在宅医療
 介護
 救急医療
 病院連携
 広域ネットワーク形成が必要


<トータル医療ネットワーク②>

広域でのテーマ
 ①在宅医療ネットワーク
 ②医療情報ネットワーク
 ③転退システム・レスパイト入院
 ④介護連携システム
 ⑤救急医療体制
 ⑥病診連携・疾患別クリニカルパス

○地域の患者さんの情報(介護情報も含めて)は入退院を円滑にするだけでなく
 情報連携によりスムーズに在宅医療に移行できる。
○地区医師会に窓口を設けて各種連携を容易にするシステムを構築する。
○2次医療圏での病診連携、介護事業所、介護サービスの連携に
 情報ネットワークを利用して患者さんが安心できる医療区域を提供する。
○患者情報登録の利用と連携により協力病院への救急患者搬送時間の短縮を図る。


<トータル医療ネットワーク③>

病院かかりつけ医・在宅医が必要な時:在宅
   ↓
かかりつけ医・在宅医申請書作成
   ↓
地域医師会窓口にFAX
   ↓
担当医・在宅医メーリングリストにて主治医決定
   ↓
メーリングリストにて在宅医をサポート

●メーリングリストを病院間の連絡網に利用
●地域医療連携室・医療相談窓口に

将来的に
●病院の空きベッド状況
●当直の科別状況
●外来診療予約状況
●病病連携での情報交換・情報共有・連絡網


<在宅ケアチーム④>

患者・家族
   ↑↓
在宅主治医・訪問看護師・ケアマネジャー
   ↑↓
連携診療所・訪問介護・訪問歯科
訪問薬剤師・訪問入浴・訪問リハビリ
   ↑↓
急性期病院・療養型病院
緩和ケア病棟・介護施設

地域支援病院と地区医師会の連携が重要!


<メーリングリストを利用して>

●在宅医メーリングリストの利用
●在宅医のサポート
●地域包括支援センターと患者さんの情報交換・情報共有
●ケアプラン作成のケアマネジャーの選択
●訪問看護ステーションの選択
●地域包括支援センターと認知症の方をサポートするための情報交換・情報共有
●専門医・認知症疾患センターとの連携
●訪問歯科医師による嚥下機能の評価と衛生士には嚥下訓練


大正区医師会
〒551-0031 大阪市大正区泉尾3-10-7
TEL:06-6551-2539 FAX:06-6554-2283
http://www.taisyo.osaka.med.or.jp/

浪速区医師会
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-21-15
TEL:06-6633-3818 FAX:06-6633-6790
http://www.naniwaku-ishikai.or.jp/

東成区医師会
〒537-0014 大阪市東成区大今里西2-7-17
TEL:06-6974-2200 FAX:06-6981-8528
http://www.higashinari-med.or.jp/

※在宅医・かかりつけ医申請書はこちらからダウンロードできます